大正13年、泥炭地に打ち込まれたツルハシの力。国づくりを支えた北海幹線用水路

北海幹線用水路

北海幹線用水路は、北海道空知 (そらち) 郡管内を走る日本最長の農業用水路です。 赤平 (あかびら) 市を始点に砂川市、奈井江町、美唄 (びばい) 市、三笠市、岩見沢市、南幌 (なんぽろ) 町と北から南へ約80kmに及び、 受益面積は約2万6,000ヘクタール、石狩川左岸中流域の不毛の原野を日本有数の穀倉地帯に変えた水の大動脈です。

北海幹線用水路の原型は、北海土功組合 (現・北海土地改良区) が設計・資金計画をたて、 1929 (昭和4) 年に完成させた手掘りの土水路、「北海かんがい溝」です。建設機械のない当時、 ツルハシ、スコップ、モッコ (縄や竹を編んだ運搬用具) など人力による重労働で成し遂げられた難工事でした。

明治時代、北海道では米づくりは「不適」とされていました。 北海道開拓の顧問として明治政府に招へいされていたアメリカ農務局長ホーレス・ケプロンや、 札幌農学校 (現・北海道大学) を創設したウィリアム・スミス・クラーク博士は、稲作ではなく小麦作、パン食を奨励していました。

「不適」とされていた稲作に挑戦し、極寒の原野を豊穣なる穀倉地帯へと変えたのが、 風雪に耐え抜いた先人たちのフロンティア精神です。 北海かんがい溝 (現・北海幹線用水路) 開発の根底にあった国づくりへの想い、 その豊かな水が可能にした現在の空知農業の挑戦について紹介します。

米づくりへの想い

明治時代、北海道では米づくりは「不適」とされ、 北海道開拓顧問のケプロンや、 札幌農学校 (現・北海道大学) のクラーク博士は畑作、小麦作を奨励しました。

しかし、本州から移り住んだ人々にとって、 長年の食習慣である米食への絶ち難い思いがありました。 また、畑作を基本とするとしても、縄、草履 (ぞうり) 、筵 (むしろ) などの藁製品が農作業には必要でした。

開拓農民は北海道における米づくりへの挑戦を続け、 明治のはじめに中山久蔵が「赤毛種」の試作に成功し、 米づくりが可能となりました。 中山久蔵は、北海道稲作の父、寒地稲作の父と称されています。

蛇行により氾濫しやすい石狩川

空知地域の畑作農家は、蛇行が多くて氾濫しやすい石狩川のために、何度も壊滅的な水害被害を受けていました。

  • 水害の様子
  • 水害の様子

一方、稲作への転換を試みても、自然水だけでは水が足りませんでした。

北海幹線用水路を保守・管理し、地域の農業を支える北海土地改良区 (旧・北海土功組合) を訪れ、水土里ネット推進室長の高柳広幹さんにお話をお伺いしました。

高柳広幹

高柳広幹 (Takayanagi Hiroki)
北海土地改良区 水土里ネット推進室長

高柳「水源がなかったんです。そばに石狩川が流れているんですが、 低い位置にあり、水を引くことが出来ませんでした。 いまはポンプアップ出来ますが、当時は不可能でした。 また、泥炭という、植物が腐食して層となった地盤で、 まったく米づくりに向いていない土地だったんです」

国づくりへの想い

国の食料増産政策を受けて1922 (大正11) 年、北海土功組合が設立され、 「北海かんがい溝」開発に取り組みました。

高柳「北海かんがい溝は、一町村が自分たちの水利のみを考えて計画したのではなく、 岩見沢町・砂川村・沼貝村・三笠山村・栗沢村・幌向村・北村の、1町6ヵ村の有志が集まり、 力を合わせて、空知を日本の一大穀倉地帯にしようという『国づくり』という発想で計画されました。 壮大なビジョンだったのです」

技術者・友成仲の招へい

北海土功組合は技術者として、農業土木の第一人者として全国的に高く評価されていた友成仲 (ともなりなか) を招へいしました。

友成仲は1857 (安政4) 年に江戸牛込鷹匠町に旗本の4男として生まれ、 工部大学校 (現・東京大学) 土木工学科を卒業後、 北海道庁技手、北海道鉄道事務所勤務、欧米視察等を経て、 招へいを受けたときは66歳でした。高潔な人格と、 優れた指導力により事業を進捗させていったと伝えられています。

高柳「友成仲をはじめ、 優秀な技術者たちが中心となって計画を立案し、工程を管理して進める、となったようです。指揮をとったのは友成仲です」

  • 設計に取り組む技術者
  • 当時の設計図

1924 (大正13) 年12月下旬、北海かんがい溝が着工されました。 絶望の大地に、ツルハシの最初の一撃が打ち込まれました。

  • 北海土功組合灌漑水路平面図
  • 北海かんがい溝起工式、1924 (大正13) 年12月15日

稲作限界標高1,000メートルでの挑戦を支える白樺湖の美しい素顔

夢を捨てない久米島農業人に神が味方したカンジンダム