石田三成(いしだみつなり) 永禄三年 (1560年)〜慶長五年 (1600年)

石田三成

安土桃山時代の武将。豊臣秀吉の家臣で、経済・財政面で活躍した。徳川家康に対抗して挙兵し、関ヶ原の戦いで破れた。

知恵と気配りを見込んで豊臣秀吉がスカウト

石田三成は永禄三年 (1560年) に近江国 (現在の滋賀県) の豪族の家に生まれました。寺で修行していた15才の時に豊臣秀吉に気に入られて、家臣となりました。気に入られた理由が、有名な3杯のお茶のエピソードです。秀吉がタカ狩りの途中で寺に立ち寄り、お茶をが欲しいと頼みました。そのときに少年が最初に持ってきた大きな茶碗には、ぬるめのお茶がたくさん入っていました。喉が乾いていた秀吉は一気に飲み干し、2杯目を頼みました。2杯目の茶碗は前に比べると小さく、湯はやや熱めで量は半分ぐらいでした。これも飲み干し、3杯目を頼むと、今度は舌の焼けるほどの熱いお茶が少しだけ入っていました。喉の乾きはいえたであろうと思い、今度はゆっくりと味わうためのお茶を出したのです。秀吉はこの少年の気配りに感心して家臣にしました。この少年が後の石田三成です。

石田三成は豊臣秀吉に仕え、中国地方の平定や山崎の合戦、賤ケ岳の戦いなどでは槍を持って戦いますが、やはり知恵と気配りで頭角をあらわし、外交戦略や敵の情報収集などで手腕を発揮します。その後、最年少で奉行に昇進して、政権の中枢で活躍しました。主君である秀吉に対しても堂々と意見を言い、また規律を守る真面目な人柄だったと伝えられています。

太閤検地の推進役

豊臣秀吉が天下統一を果たし、戦乱も治まり平和な時代になると、石田三成のような知性派はますます重要な位置を占めるようになりました。秀吉の重要戦略であった太閤検地では、初期から検地奉行として参加しています。天正十二年(1584年) から美濃・奥羽・越後・薩摩をはじめ全国各地の検地を実施し、検地についての知識を次第にたくわえ、専門家となっていきました。また、後には検地奉行に指示する立場となります。その方針は公平で、例えば島津領での検地の実施にあたって、検地奉行たちに提出させた誓紙には七ヶ条の誓いを定めています。その七ヶ条は、「お礼をもらって容赦したりしない」「主人に対して不心得な考えを持たない」「部下がお礼をもらわないように指示する」「不心得者がいれば報告する」「自分の担当分はぐずぐずせずに迅速かつ入念に行う」「農民に対して乱暴な態度をとったり、威張らない」「村に憎い者がいるからといって意地悪い検地をしない」などで、自分の領地で善政をしていたと伝えられる石田三成らしい内容です。

淀川が氾濫したときに米俵で水を防いで危機を回避

石田三成の機転についてはこういう話もあります。ある夜、豪雨が降り続き淀川の堤が破れそうだと急報が入りました。堤が破れると大坂の町も、田畑も水浸しになってしまいます。武士や農民が総出で洪水を防ごうとしましたが、土俵作りが間に合いませんでした。災害の恐れが高まったころ、石田三成が馬に乗って駆けつけ、決壊しそうな場所を調べて、これ以上猶予はならないと判断しました。そして、「大坂城の米倉を開け、米俵を土俵代わりにして堤を補強せよ」と命令したそうです。人々は、もったいないことをするものだと思ったでしょう。しかし、数千俵もあった米俵を使ったおかげで応急の補強が間に合い、大坂の町も田畑も、洪水から守られました。

翌日、雨があがって洪水の危機が去ったと判断したとき、石田三成は再び命じました。「土俵を作って、米俵と交換していきなさい。本物の土俵で補強をした者には、その米俵を褒美とする。交換してやる」。人々はこれを聞いて喜び、いっせいに土俵作りを始めました。そして短期間で本格的な修復ができたと伝えられています。

亡き秀吉のために関ケ原の合戦を挑んだ忠臣

慶長三年 (1598年) に豊臣秀吉が亡くなると、徳川家康は野望を隠そうとせず、秀吉の遺言に背いて大名間の婚姻を行うなど、豊臣家に代わってトップに立とうと動き出しました。類い稀なる忠臣だったと伝えられる石田三成としてはこれを許せず、豊臣家を守るために兵を挙げて、慶長五年(1600年)、関ヶ原の戦いを起こしました。主君・豊臣秀吉への忠誠を貫き、覇者家康に真っ向勝負を挑んだわけです。しかしこの戦いに破れて、徳川家康に処刑され、41年の生涯を終えました。当時28歳の沢庵和尚が手厚く葬ったと伝えられています。

石田三成は太閤検地を早期から担当し、米や麦だけではなく、細やかな指示を出しています。海や山や川では、その場所毎にとれるものを調べ、年貢として献上すべき物を個々に帳面に記載するように指示しています。綿、桑、漆 (うるし) についても同様です。茶園や樹木については年貢を取り立てない。その他、藪 (やぶ) や鉄などについても指示を出しています。そのことから彼は村の事情、暮らしぶりに相当詳しかったと想像できます。

知恵と気配りによって豊臣秀吉にスカウトされた石田三成は、秀吉の天下統一の途上、平和が訪れるにつれて力を発揮してきたように思えます。その知性派ともいえる石田三成が最後には主君・豊臣秀吉への忠誠を貫き、わずか19万4千石の中堅大名でありながら巨大な徳川家康に挑み、刑死することになります。石田三成にとっては太閤検地で諸国の村をまわり、平和が続くかに思えた日々が、もっとも幸福な時代だったのではないでしょうか。平和が続き、検地通りに作物が生産できる、そんな時代を夢見ていたように思えてなりません。

豊臣秀吉

沢庵宗彭