徳川光圀(とくがわみつくに) 寛永五年 (1628年)〜元禄十三年 (1700年)

徳川光圀

水戸藩の第二代藩主。藩政の改革に取り組み、文教政策を進めた。儒学を奨励し、小石川藩邸に彰考館を開設して「大日本史」の編纂に着手 (完成は明治三十九年) 。寺社の復興、歓農策の実施などに力を注いだ。

5歳まで家臣の家で育ち、庶民性を身につける

徳川光圀は寛永五年 (1628年) 6月10日、父・頼房の家臣である三木仁兵衛之次の家で生まれ、5歳まで秘密で育てられました。初代水戸藩主・徳川頼房の三男で、徳川家康の孫なのですが、どういった事情なのかは分かっていませんが、5歳までその身分は隠され、木綿の着物と粗末な食事、そして「庶民の子供とまじりて」三木夫妻に育てられたのです。この5歳までの経験が、水戸黄門伝説につながる光圀の庶民性を養ったともいわれています。

光圀は6歳のとき、兄の頼重を越えて後継ぎに決められました。そして、江戸小石川の水戸邸へ移り、実父のもとで藩主としての教育を受けることになります。幼い頃は、塀や屋根の上を走り回るような腕白な少年だったようです。そんな光圀が青年になると、今度は遊興にふけります。50代の家臣が光圀をいさめるために書いた書面では、16項目もの批判が書かれています。「木綿の着物を色々伊達に染め、ビロードの御襟を召され」とあるように、色あざやかなファッションに身をつつみ、江戸の繁華街を放浪したり、あちらこちらに出かけていっては無駄話をしたり、辻相撲に飛び入りで参加したり、三味線まで楽しむようにもなりました。家臣が熱心に諌めてもいっこうにおさまる気配がありませんでした。しかし18歳のとき「史記」 (前漢の司馬遷が書いた歴史書) の伯夷 (はくい) の伝記を読み、深い感動を覚えます。光圀は人が変わったようになり、高い志を立てて、名君への第一歩を踏み出します。

光圀は、伯夷と叔斉 (しゅくせい) 兄弟の跡継ぎの譲り合いの話を読み、兄を越えて跡継ぎとなったことに、ひどく心を痛めます。そして、これまでの自分の態度を恥じ、いつかは兄の子を養子にして跡継ぎにしようと堅く決意します。また、読書が人格の確立に重大であると考え、生涯学問に専心しようと決めます。さらに、人に対する思いやりの心を深める決心をもしたようです。日本の歴史を編集する志を立てたのも、史記にならったものだと伝えられています。

水戸様のお百姓になりたいものだ

頼房が没した後、光圀は34歳で第二代水戸藩主となりました。光圀は、文教中心の政治理念をかかげて、藩政の改革に懸命に取り組みました。特に、農民の苦しい生活に心をいため、数々の施策を実行します。領内を常に巡視して歩き、きびしい生活にあえぐ農民の生活を思いやり、天和三年 (1683年) には藍・紙・鮎・鱒などの税を免除しました。もちろん藩としては収入が減少するので、反対の声が上がりましたが、光圀は「民の困窮をみて国用の不足を意とせず」とこの政策を断行したと伝えられています。

藩の財政も苦しい状態でした。光圀はもちろん、自身も厳しく倹約しましたが、それだけではなく、度々節約令を出して、農民のそれぞれの家の財政を立て直させようとしました。それでも効果が無いと見ると、農民に金を貸しました。さらに、飢饉に備える稗倉の設置や、魚介の養殖の奨励、農民などに対する高利貸しの貸付金の利息を一割に制限するなど、あらゆる方法で農民の生活を助けようとしました。ある時は、病気の対策として、「救民妙薬集」という冊子を村々に配布しました。寺社の移転と整理に積極的だったのも、農民の生活の安定の一助とする側面があったと伝えられています。ひたすら領民の生活を思いやり、藩内外から名君と仰がれ、他の領地の農民が「水戸様のお百姓になりたいものだ」とため息をついたと伝えられています。

年貢の徴収も農民を信頼して自己申告制に

また、光圀は領民の善行に対してよく褒美を与えました。村々を歩いて、親孝行な農民などの話を聞きつけると、自ら出向いて、褒美を与えます。例えば、ある農民が父の死後、歩くことのできない老母を毎日畑に背負っていき、常にいたわっているのを聞いて、その家に行き、金を与えて田畑を買い求めさせたなど、数々のエピソードが伝えられています。

また、領地の農民から年貢米を納めさせるとき、年貢の量を決める役人を現地に送らず、農民たちの自己申告で量を決めました。これは、農民を信じようという気持ちと、役人が接待を受けるなど、結局村の出費がかさみ、農民が苦しむことになるのを防ぐ目的から実施されたようです。役人たちは「それでは不正をはたらく者が出ます」と反対の声をあげましたが、光圀は、「思いたったことだから自分にまかせて実施せよ」と断行したそうです。

隠居後は自身で田んぼを耕し、年貢を上納

1690年、光圀は18歳の時に決意した通りに、兄の子である綱條 (なえだ) を跡継ぎにして、常陸国太田の西山荘に隠居しました。この西山荘は質素な平屋建てでした。食事は一汁二菜、夜具は薄い絹の寝間着が一枚、布団も一枚というつつましい生活だったようです。

隠居後は、自ら田んぼを耕し、規定通りの年貢を納めたと伝えられています。近所の農民たちとも親しく接し、また身分を隠した質素な身なりで村々を歩いて、相変わらず人々の暮らしを巡視していたようです。あるときうっかり、農家の庭先の米俵に腰をかけて、老婆に箒で叩かれた、などの伝説が残されています。この伝説そのものは事実かどうか定かではありませんが、質素な身なりで村を歩いていた話はたくさん残っています。

徳川光圀は、水戸黄門とも呼ばれています。光圀は、大日本史を編集するときに、史料を収集するために、全国各地に家臣を派遣しました。これが全国旅行というフィクションに転換され、また質素な身なりの伝説、そして役人に対抗して常に農民に味方していたというイメージから、光圀の没後100年ぐらいから黄門伝説が作られていき、江戸末期から明治になって、講談によって全国的人気となる「水戸黄門漫遊記」のお話が作られたと思われます。「水戸黄門漫遊記」は架空のお話ですが、農民たちにとっては理想的な名君の物語として人気を博し、長く農民の心をささえました。

宮崎安貞

お千さん