8月4日 (種まきから95日目)穂肥散布

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲の写真

穂肥 (ほごえ) は、穂の籾を充実させることを目的とした肥料で、出穂 (しゅっすい) 直前に散布します。早く散布しすぎますと、肥料が稲の茎や葉に効いて、徒長することになります。そうなると、穂の籾に実 (=お米) が入らなくなります。穂肥の散布は、タイミングが大切です。

  • 稲2
  • 稲3
  • 稲4
  • 稲5

出穂の25日前頃が幼穂形成期です。稲は葉を増やすのをやめて、茎の中で、籾の集合体である穂を作ります。稲を割ってみると、出来かけの穂があります。穂肥はこのタイミングで施します。
この穂が退化するのを防ぎ、稲の活力を高めて登熟を良くするために、穂肥を施します。チッソを中心に、リン酸・カリをバランス良く施します。

穂肥

この時期、田んぼには入ると稲を傷めますので、穂肥は畦から散布します。
撒き過ぎは、禁物です。
撒き過ぎると、やはり茎や葉に肥料が効きすぎ、徒長して倒伏 (とうふく) の原因にもなります。
倒伏すると収穫量も減りますし、品質も低下します。

 

出穂してから施す肥料を実肥 (みごえ) と言います。

90日目・いもち病

100日目・日照り