7月30日 (種まきから90日目)いもち病

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲の写真

いもち病は、稲の病気の中で最も被害の大きいこわい病気です。いもち病菌という糸状菌の寄生によって起こります。いもち病菌は、種籾などで菌糸または胞子の状態で越冬します。種籾は、塩水選の後で消毒しますが、完全には防除出来ないようです。

  • いもち病
  • いもち病2

いもち病菌が稲に付着し、そこに水滴があると発芽します。 (胞子発芽) 。その後、菌糸が毒素を出しながら、稲の表皮細胞を破って侵入し、葉や穂を枯らします。ひどい場合は、稲が萎縮して枯死 (こし) することもあります。 いもち病は、発生した場所により、葉いもち、穂首いもち、節いもち、苗いもちなどに分けられます。

  • いもち病3
  • いもち病4

葉いもちの場合、葉が枯れてきます。穂いもちの場合、白穂になったり、籾の稔実が阻害されて、品質が低下します。
いもち病菌は、胞子によって空気伝染します。空中を飛散した胞子が別の稲に落下して、そこに水滴があると繁殖します。伝染するのは、気温がおよそ16~30度、稲に水滴が8時間以上付着しているような状態の場合です。天気が良いと稲は乾きますから、雨が降り続くような時期に感染しやすくなります。低温・多雨が続くといもち病の発生が懸念されます。田んぼを巡回して早期発見し、薬剤による早期防除に努めます。

もみきち2

85日目・中干し

95日目・穂肥散布