7月10日 (種まきから70日目)溝切り (みぞきり)

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲の写真

 

草丈が50cmを超えたので定規を継ぎ足します。

溝切りは、田んぼに溝を切り、排水口に繋げておく作業です。溝を切っておくと、スムーズに排水が行えます。溝切りには、次のような目的・効果があります。

  1. 排水がスムーズに行え、中干しがスムーズに実施出来ます。
  2. 土中の有害ガス (硫化水素、メタンガスなど) を抜くことが出来ます。
  3. 旱魃 (かんばつ) の場合は逆に、溝に水を溜めることにより、対応策と出来ます。
溝切り

溝切りは、ブロックや舟形の角材を引っ張って行います。
泥の田んぼの中を引っ張って歩きますから、かなりの重労働でした。

  • 溝作り
  • 溝作り2

現在では、多目的田植機に溝切り機を装着して行うことも出来ます。

  • 溝作り3
  • 溝作り4

溝の間隔は2~5mぐらいで、田んぼの条件によって決めます。

  • 溝作り5
  • 溝作り6

深さ約10~15cm、幅約20cmの溝を切ります。
旱魃時に溝に溜まった水は、オタマジャクシやアメンボなどの避難場所にもなります。

65日目・中耕除草

75日目・飽水状態へ