6月15日 (種まきから45日目)除草剤の散布

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲の写真

タイヌビエやコナギなどの雑草は、次のような理由で稲の成長を妨げます。

  1. 水や養分を横取りする。
  2. 日光をさえぎる。
  3. 風通しが悪くなる。
  4. 病害虫の発生源となる。

高温多湿の日本では、すぐに雑草がはびこります。そのため、昔は米作りの所要時間の半分近くが雑草取りと言えるほどでした。いまは、稲を痛めずに雑草だけを選択的に防除する除草剤があり、広く使用されています。田植えの1週間から10日後、苗が活着したら第1回目の除草剤散布を行います。

除草剤には液状のものと粒状のものがあります。また、散布の方法も噴霧器や散粉機を使ったり、田んぼがたくさん集まっている地帯ではヘリコプターで撒く場合もあります。ここでは、粒状の除草剤を手で撒く場合を紹介します。

  • 除草4
    苗を踏まないように気をつけて、田んぼの中に入ります。除草剤を掴み、放り投げます。
  • 除草5
    均一に撒くことがポイントで、田んぼ全体にまんべんなく撒きます。
  • 除草6
    白い粒が除草剤です。水に溶けて拡がります。
    この後、10日ごとに2回、除草剤を散布します。3回目の除草剤散布が完了するまでは、除草剤がまんべんなく効果を発揮出来るように、水を溜めておきます。
  • 除草7
    これがタイヌビエです。
  • 除草8
    これは秋の様子です。大変、生命力が強く、稲を押しのけて繁茂しています。
  • 除草9
    これほど繁茂すれば、収穫量も落ちます。こうならないように、あらかじめ除草剤を散布して防除します。

40日目・深水管理

50日目・畦の草刈り