5月11日 (種まきから10日目)育苗器について

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 稲の写真苗の写真
育苗器

苗を育てる方法として、育苗箱を苗代田に並べてビニールトンネルで覆う代わりに、育苗器を使う方法もあります。育苗器は、育苗箱をなかに積み、電気ヒーターや蒸気などで加温して発芽させる機器です。

  • サーモスタット1
  • サーモスタット2
  • 温度管理

サーモスタットを使って精度の高い温度管理を行います。そのため、太陽の熱による温度変化の影響を受けないように、育苗器は日陰に置きます。

発芽して約1~1.2cmの状態

育苗器では、2日間、30~32度の温度を保って一斉に発芽させます。約1~1.2cmの状態となります。
発芽には水分・温度・酸素が必要で、光は必要ではありません。育苗器で発芽さえた場合は、光はあまり当たっていませんので、白っぽい状態です。この後、光にあてて緑化させます。
急に強い光を当てると苗が傷みますので、まず予備緑化を行います。3日目、4日目に弱い光をあてます。苗は黄ばんだ色となります。草丈は3.5~4cmとなります。
5日目に育苗ハウスのなかに並べるか、苗代田に移動して寒冷紗をかけて保温します。約8日間で緑化が行われます。

緑化が完了した苗

緑化が完了した苗を、自然条件で約10日間きたえます。これが育苗器による苗作りの仕上げで、硬化と言います。この後、田植えとなります。

5日目・発芽

15日目・除覆