藁細工稲は捨てるところなし

精米

藁は飾り物や縄、草履などの履き物、簑 (みの) などの衣類、筵 (むしろ) や米俵、もっこなどのさまざまな生活用品の素材となります。その生活用品が壊れても、燃やした灰が肥料になります。捨てるところはありません。

多くの藁細工はまず藁打ち作業からはじまります。藁を打つと全体が柔らかくなり、細工がしやすく、しかも丈夫になります。藁を打つときは、藁打ち石に束ねた藁を乗せ、槌を使います。藁打ち石は土間などの片隅に半分くらい埋められ、動かないようになっています。

写真提供: 芳賀ライブラリー

伝統農具の紹介

  • 木摺臼1
  • 木摺臼2
槌 (つち)

藁を打つときの槌で木製です。手作りですから、一つひとつ違ったものになっています。

長さ104mm・高さ300mm・奥行き100mm

コラム 藁打ち石はなぜ丸い?

藁打ち石

重さ1kg以上の槌で藁を何度も打って柔らかくするのは大変な作業です。そこで考えだされたのが丸みのある藁打ち石です。どんな角度から藁を打っても、槌を跳ね返してくれるので、その反動で槌を振り上げるのが楽になります。リズミカルに、効率的に藁打ち作業が進みます。

精米

収穫への感謝