精米米一粒に七人の神

精米

玄米から糠 (ぬか) を取り除くことを精米 (せいまい) 、米を搗 (つ) くなどと言います。糠を取り除く度合いによって五分づき米、七分づき米、白米などの種類になります。

精米は米搗臼 (こめつきうす) に玄米を入れて杵で搗きます。また、搗臼 (つきうす) や踏臼 (ふみうす) 、水車を使う場合もあります。精米後は再び千石通しにかけて糠や小米と白米とに選別します。一粒も無駄にはしません。米一粒には日・水・風・土・知恵・農具・田の神が宿ると言われるほど大切にしていました。

伝統農具の紹介

  • 木摺臼1
  • 木摺臼2
米搗臼 (こめつきうす)

地に埋めた臼の中に玄米を入れて、足踏みで上下させる杵で搗きます。足で踏んで体重をかけて杵を上げ、力を抜いて落とします。埋め臼、踏み臼とも呼ばれました。

長さ570mm・高さ560mm・奥行き2200mm

  • 水車1
  • 水車2
水車 (すいしゃ)

水の流れによって水車を回転させ、水車小屋のなかにある杵と臼で精米します。歯車の組合せによって、水車の「回転の力」が杵を持ち上げる「縦の力」に変換されています。杵は一定の高さに持ち上げられると、歯車から離れて下に落ち、臼のなかの玄米を搗きます。写真では左の杵が落ちた状態で、右の杵が持ち上げられた状態です。自然の力を利用した便利な仕組みです。

長さ3040mm・高さ3040mm・奥行き490mm

  • 手鈎1
  • 手鈎2
手鈎 (てかぎ)

米俵に突き刺して持つための農具です。持ちやすいように握りの丸みが工夫されており、手に持つとしっくりとなじみます。

長さ77mm・高さ110mm・奥行き50mm

コラム 一升瓶でお米が搗ける

一升瓶

弥生時代には、木でできた竪臼 (たてうす) と竪杵 (たてぎね) を用いて、乾燥した稲の穂をそのまま臼に入れ、杵で突いていたとみられています。学校や自宅で育てたお米は脱穀してから籾のままで一升瓶に入れ、棒などで突くと籾摺りも精米もできます。弥生時代と同じ方法です。

籾摺り (もみすり)

藁細工