代掻き馬一匹半身上 (うまいっぴきはんしんしょう)

牛

田起こしした田んぼに水を張って、土を細かく砕き、丁寧に掻き混ぜて、田んぼの表面を平らにする作業です。田んぼの水漏れを防ぎ、苗を植えやすくし、苗の根付きと発育を良くします。雑草の発生を抑える効果もあると言われています。

牛に犂を引かせて田起こしをするようになってからは、代掻きも馬鍬 (まんが) を使って牛や馬で行うようになりました。牛や馬が足で土を踏み砕く効果もあります。牛は馬よりも歩くのが遅いため、誘導は楽でしたが、足による砕き方は悪かったようです。

代掻きは荒代 (あらじろ) 、中代 (なかじろ) 、植代 (うえじろ) の3回行うのが一般的です。牛馬を使うのは荒代・中代で、仕上げの植代は柄振りを使って人手で行いました。これを柄振押し (えぶりおし) と言います。

伝統農具の紹介

  • 鍬1
  • 鍬2
馬鍬 (まんが・まぐわ)

牛や馬に牽引させて田んぼの荒起こしや代掻きをさせる農具です。片手に手綱を持ち、片手には馬鍬の取っ手を持って馬を誘導します。

馬を同じ所へ連れて行かないように気をつけます。馬鍬は古墳時代に中国から伝来したようです。江戸時代から昭和へと、次第に大型化して丈夫に作られ、歯も木から鉄へと変化していきます。

長さ1079mm・高さ775mm・奥行き1120mm

  • 柄振1
  • 柄振2
柄振 (えぶり)

土の表面を人の手で丁寧に平らにするための農具です。また、田畑の地ならしや穀物の実などを掻き寄せるときにも便利です。

長さ1390mm・高さ65mm・奥行き1740mm

コラム 馬は家族の一員

馬

「馬一匹半身上」は、農家にとって一頭の馬は、家の身上 (しんしょう=財産) の半分にあたるほど価値があるという意味です。馬は農耕や運搬になくてはならず、また敷草・糞尿の厩肥は堆肥になりました。馬の厩肥は牛に比べて高い発酵熱が出るため、寒冷地の堆肥作りには欠かすことができなかったようです。農家では馬を大切にしており、母屋で一緒に飼育したりしました。

畔塗り (くろぬり)

田植え