稲と住

藁葺 (わらぶき) 屋根をはじめとして、藁は生活のさまざまな場面で利用されました。

藁細工に使用する藁は一度打って、柔らかくしてから使用します。藁打ちの作業には、藁打台・槌・杵などの道具が使われます。藁打台は普通は石で、農家の土間の必須アイテムです。筵 (むしろ)・菰 (こも)・俵 (たわら) など特殊なものは、打たずに固いままで作ります。

藁 (わら)

藁葺 (わらぶき) 屋根
藁葺 (わらぶき) 屋根1 藁葺 (わらぶき) 屋根2

水田と藁葺屋根は、やすらぎを感じる日本の原風景といえるでしょう。
かやぶきの屋根も、中には藁が敷き詰められ、屋根を支えるためには藁でできた縄が使用されています。

壁材
壁材1 壁材2

古い木造の家ならば、壁材として、土に混ぜて藁が塗り込められています。強度を高めるためでしょうが、藁には神の力があるため、注連縄 (しめなわ) のような意味合いもあったのかもしれません。

敷物
敷物

寝室・産室の敷藁としたり、藁蒲団・敷筵 (しきむしろ) ・円座・揺り籠・縄暖簾 (なわのれん) を作ったりしました。畳の中身にも使われていました。

肥料
肥料1 肥料2

そのまま火をかけて焼いて灰にしたり、すき込んで肥料としたり、堆肥を作ったりします。草鞋 (わらじ) が切れて使えなくなっても、かまどの燃料となり、灰となり、最後は土に返されて翌年の稲の養分として循環するわけです。

燃料
燃料

竃 (へっつい=かまど) で稲藁を燃やしてご飯を炊きます。

飼料
飼料

牛や馬に食べさせます。

俵 (たわら)

お米は米俵にいれて運搬されます。

縄 (なわ)
縄 (なわ) 1 縄 (なわ) 2

藁を縒 (よ) って作る。この縄をさらによじると綱になります。

注連縄 (しめなわ)
注連縄 (しめなわ)

藁には幸運を呼ぶ力があると信じられていました。正月には注連縄を飾り、小正月や孟蘭盆には藁火を焚いて先祖の霊を迎えます。

正月の注連縄は、その家が神の家であることを示しています。注連縄のシメは、そこを占有するといった意味で、占有するのは神です。建物を建てる時の地鎮祭でも注連縄が張られますが、この地を神が占有したのでその建物も守られる、という同じ考えからきています。

注連縄を作るために、農家では秋の収穫の時に茎の長い青い藁を蓄えておきます。

藁人形
藁人形

藁で作った馬や人の人形は各地に見られます。正月や虫送りなど、さまざまな行事で使われるようです。

飯ふご (めしふご)
飯ふご (めしふご) 1 飯ふご (めしふご) 2

米びつをすっぽりとくるんで保温します。

もっこ
もっこ1 もっこ2

運搬具です。

ふご
ふご

運搬具です。籾殻などを運ぶのに使用されました。

籾殻 (もみがら)

籾殻 (もみがら) 1 籾殻 (もみがら) 2
  • 籾殻を焼いて黒く炭化させた燻炭 (くんたん) を苗代の保温材として使用します。
  • 牛・馬・にわとりの敷料として用いられ、その後は堆肥の材料となります。
  • 枕の充填 (じゅうてん) 材にします。
  • くだもの箱などのクッション材、保温材にします。みかんがすごく甘くなります。

糠 (ぬか)

  • 米糠は脂肪、たんぱく質、ミネラル、ビタミンなども含むので牛や馬の飼料とします。
  • 糠は油よごれをよく落とし、お肌をしっとりとさせるので、洗剤やせっけん、化粧品としても使われます。
  • 家具のつやをだすワックスとして使用されます。糠袋で漆器や家具、柱を磨くと、なかなかいいツヤがでます。
  • 搾油した糠油は食用油、クリーム油、石鹸、グリセリン、頭髪油、ヘアトニックなどに加工されています。

稲と食