稲と衣

「わらじ切れてもそまつにするな、わらはお米の親だもの」

冬の農閑期には藁を使ってさまざまな衣料品を作成します。全家族の1年分を作ります。1年間で草鞋 (わらじ) は1人10足、蓑 (みの) 1人1着だそうです。
草鞋は1日で15足、蓑は1着作るのに2、3日かかったそうです。

草鞋 (わらじ)

草鞋の作り方

  • 1草鞋の作り方1藁を打って柔らかくします。
  • 2草鞋の作り方2藁を縒 (よ) って縦縄にします。
  • 3草鞋の作り方3縦縄を輪にして草鞋の基盤の形にします。
  • 4草鞋の作り方4足の親指に引っ掛けて編み込み体勢をとります。
  • 5草鞋の作り方5藁を横に編み込んでいきます。
  • 6草鞋の作り方6さらに編み込みます。時々指でしごいてかっちりとさせます。
  • 7草鞋の作り方7鼻緒になる縦縄を編み込みます。
  • 8草鞋の作り方8さらに編み込みます。
  • 9草鞋の作り方9編み込み完了。
  • 10草鞋の作り方10一度藁ををほどきます。
  • 11草鞋の作り方11鼻緒の形にして編みなおします。
  • 12草鞋の作り方12完成しました。

履き物

  • 草鞋 (わらじ)草鞋 (わらじ)
  • 藁草履 (わらぞうり)藁草履 (わらぞうり)
  • 足中 (あしなか) / 仕事用足中 (あしなか) / 仕事用
  • 藁靴 (わらぐつ)藁靴 (わらぐつ)
  • 脚絆 (きゃはん)脚絆 (きゃはん)

ご近所用や台所用、作業用、雪国での防寒靴など用途に合わせてさまざまなタイプが開発されています。

(協力・奈良県立民俗博物館)

蓑 (みの)

蓑 (みの)

イエズス会の宣教師たちは、簑を日本の雨合羽、すなわち、雨の時に用いる外套と思っていたようです。確かに、昔の農村では傘をさすことがほとんどなく、雨の日は蓑と笠を用いたものです。しかし蓑は、雨の時に着るだけではなく防雪、防寒、陽除けなどとしても使われてきました。 蓑にはY字形やマント形などさまざまなデザインがあります。仕事をするときだけではなく、儀式用、道中用のものも作られました。結婚式の時などに着用する蓑は、化粧蓑といって、襟のあたりなどに美しい模様を入れて編みました。 蓑は柔らかくて水切りのいい穂先で作ります。

背中蓑 (せなかみの)

背中蓑 (せなかみの)

雨具ではなくて荷物を背負うときの背あてとして使うのが一般的です。
山道では荷物は背負って運ばなければならないので、背中が痛くないように当てたわけです。これを背に当てて、荷物を縄でくくって背負うのです。 草刈りなどの時の陽除けとして使われることもあったようです。

腰蓑 (こしみの)

  • 腰蓑 (表)腰蓑 (表)
  • 腰蓑 (裏)腰蓑 (裏)

腰蓑は腰に着ける蓑。岐阜の長良川で鵜飼をする漁師は現在でも腰蓑を用いています。田んぼでは泥除けを目的として使用していたようです。

腰ふご

腰ふご

山行き用の藁製のバッグです。
お弁当とかを入れて腰に装着します。

蓑帽子 (みのぼうし)

蓑帽子は帽子つきの蓑でミノボッチともいい、頭からすっぽり被ります。

蓑傘 (みのがさ)

昔話に、子供が天狗を騙して蓑笠を手に入れ、それを着けると姿を隠すことができた、というのがあります。昔話での蓑笠の持ち主は天狗が多かったようです。

稲と衣食住 TOP

稲と食