明治時代1868年から1912年

江戸時代は多くの藩に分かれ、藩と藩の境の壁は厚かったといわれていますが、農民たちの生き方には共通するものが多く、これが明治の統一国家が比較的容易に成立した基盤となりました。
明治新政府は財政の基礎を固めるために土地所有権を確立し、税をお米からお金に変えました。

地租改正 (ちそかいせい) 1873年 (明治6年)
土地の私有権を認め、土地の売買を認め、地価の3%の税金を課しました。

明治新政府は、農業技術や農学を学ぶ目的で学者や技術者を欧米に派遣し、また欧米の技術者を日本に招きました。明治26年に国立農事試験場が開設されました。また、稲の育種について見ると、大正年間の純系淘汰 (優れたものを選抜して残していく) によって収穫量は5~10%増加しました。更に中期からは交雑 (品種のかけあわせ) による育種が試みられました。
一方、民間では老農といわれる育種家が各地に現われました。交通の発達にともなって他の地方の稲の種を持ち帰ったり、交換を行うなどで意識的に変り穂を探しだし、その中から優秀なものを見つけ出して新しい品種を作りました。 (技会資料より)

化学薬品を使った最初の除草は、明治時代の中頃です。欧米の各地で、銅の化合物に除草効果があるということが発見されてから、それが日本にも伝わり、田んぼでも使用されるようになったのが始まりです。
同じく明治時代の中頃に画期的な雑草取りの農機具が発明されました。田車というもので、先端には幅30cmぐらいの、小さな水車のような回転する筒がつけられていました。それを使うために、稲は幅30cmの間隔でまっすぐ平行に植えられるようになりました。稲をまっすぐ植える正条植えという植え方が日本中に普及しました。

さまざまな技術開発が相まって、米の収穫量は急激に増加しました。江戸時代には1反あたり200~250kgだったのが、500kgを越えるようになりました。水田面積も急激に増えて、江戸時代150万ヘクタールの約2倍、294万ヘクタールに達しました。

江戸時代

大正時代