平安時代794年から1192年

平安時代

墾田永世私有令を受けて貴族や寺社が開墾した土地は荘園と呼ばれ、荘園領主は稲作を奨励します。お米は社会の基礎であり、力です。
10世紀から12世紀にかけて荘園は増え続け、国家の土地である口分田が減り、政府はしだいに無力化していきました。

荘園の境界をめぐる土地争いや地方役人の税の取り立てから身を守るために、農民は武装をするようになります。ふだんは農業をしながらも、武士となり、武士団をつくって軍事力をやしなっていったのです。

奈良時代

鎌倉時代