飛鳥・白鳳時代6世紀から710年

飛鳥時代

米は栄養価が高く、生産性に優れ、長期間の保存に耐え、そしておいしかった。米を基本通貨とし、米を税として納めるという社会が始まり、それは明治政府による地租改正まで続きます。

班田収授の法 647年 (大化3年)
律令制では全ての土地と人が国家のものとされていました。大和朝廷は人々に一定の田=口分田 (くぶんでん) を与え、籾米で租 (税) を納めさせました。口分田は売買を禁じられていました。人々に口分田を与えるのに利用された土地割を条里制といいます。

この時代の農具は、田んぼを耕すことが目的のきわめてシンプルなものがほとんどでした。穂を刈り取るのではなく、現在のように根っこのほうの部分を刈り取る方式が一般的となり、そのための農具として鉄製の鎌が普及していきます。

古墳時代

奈良時代