石器時代稲作のはじまり

石器時代

稲の栽培は、野生の稲の種子を播いて収穫した原始時代がはじまりです。
木の実やけもの、魚、貝を採って食べる時代から、食糧を生産する時代へと大転回を果たし、人々は一定の土地にとどまるようになりました。

稲作から見た日本の成立 TOP

縄文時代