ミズスマシはなぜ4つも目があるの?

ミズスマシ
ミズスマシ
  • 科目: 甲虫 (コウチュウ) 目ミズスマシ科
  • 体長: 約6~7mm
  • 成体を見ることができる時期: 4月~10月
  • 冬越し: 成虫
  • 漢字: 水澄まし
  • 田んぼでの愛称: 田んぼのF1レーサー

上下に敵がいるからです

ミズスマシの目は左右の複眼がそれぞれ水面を境に上下に分割されて、4つになっています。水面より上と水中を同時に見ていて、これはエサではなく敵を見張っています。上空の鳥と水中の魚、この上下の敵から身を守るために目が4つになったようです。

ミズスマシ

ミズスマシの田んぼでの役割は害虫の退治で、水面に落ちた虫を食べて生活しています。4つの目は上空と水中の敵を探すために使い、獲物を探すことには使っていません。前を見ることはできないのです。

ミズスマシは中足と後ろ足を1秒間に約50回もスクリューのように動かし、水面をめまぐるしい速さでくるくると回転して波をたてています。触角の付け根に感覚器官があって、この自分がたてた波が何かにぶつかって反射してきた様子で昆虫が落下したことを知るようです。また、この機能によりさまざまな障害物を避けることができ、あのF1レーサーのような猛スピードを実現しています。とはいっても、群れを作ってみんなでくるくると回転して、あれで混乱しないとは大したものですね。

ミズスマシは春が産卵期で、水生植物の茎に数十個の単位で卵を産みます。約1週間程で孵化し、水中でボウフラなどを食べて育ちます。やがて水中や泥の中にマユを作ってサナギになります。幼虫も鋭い顎を持ち、昆虫などの体液を吸います。

マムシはどうして真っ暗闇でも見えるの?

ミミズを二つに切断したら2匹になるってほんと?