カメは1万年も生きられるの?

クサガメ
クサガメ
  • 科目: カメ目クサガメ科
  • 体長: 約100~250mm
  • 成体を見ることができる時期: 4月~11月
  • 冬越し: 成体 (冬眠)
  • 漢字: 臭亀
  • 田んぼでの愛称: 田んぼの長老

残念ながら、無理です

残念ながら、実際は1万年は無理です。一番長生きすると言われているリクガメで200年生きたという記録があるそうですが、昔の記録なので確かなものとは言えません。淡水性のカメの寿命は30~40年ぐらいと推測されています。
甲羅が堅くてしっかりしているから、いかにも長生きに思えたんでしょうね。「鶴は千年、カメは万年」の寿命があるというのは中国の伝説から出た言葉です。日本でもカメは縁起の良い生き物とみなされてきました。

クサガメ

肉食傾向の強い雑食のクサガメは、田んぼにはオタマジャクシやカエル、ボウフラ、ミミズ、水草などを食べにやってきます。動きの早い魚は捕まえることができませんが、弱った魚や死骸は食べます。つまり、カメにとっては田んぼはレストランです。口のように見えるのは嘴 (くちばし) で、歯はありません。そのかわりに上下の顎が角質状で堅くなっていて、嘴で食べ物を噛んで、足で押さえてちぎります。

クサガメは春から夏にかけて湿った地中に卵を産みます。夏の暑い日差しが親代わりとなって卵を温め、2カ月ぐらいで孵化します。子ガメはそのまま冬眠に入り、翌春地中から這い出してきます。この子ガメを上から見ると昔のお金である小判 (銭) のような形をしているので、イシガメの子供と同じくゼニガメと呼ばれています。甲羅用のカルシウムに必要なビタミンDを補うために日なたぼっこをしています。このビタミンDは人間にも必要なので、日なたぼっこは見習いましょう。11月ごろになると枯れ葉や泥のなかに潜り込み、春がくるまで冬眠します。

2億年以上前、カメはすでに堅い甲羅を持っていました。カメはこの防御能力により、ほとんど姿を変えることなく生きのびてきました。攻撃手段を持たないカメはこの甲羅のなかに頭と手足を収めて身を守ります。クサガメは、身に危険が迫ると四肢の付け根から臭い液体を分泌するため、クサガメと名付けられたようです。

イソップ物語の「ウサギとカメ」のお話のように、のんきでのろまな感じですが、実は神経質で敏感な性格のようです。記憶力がいいので、飼育するとなつきます。

カブトエビはなぜ2億年も同じ姿なの?

クモは羽がないのに空を飛ぶってほんと?