カブトエビはなぜ2億年も同じ姿なの?

アメリカカブトエビ
アメリカカブトエビ
  • 科目: 背甲 (ハイコウ) 目カブトエビ科
  • 体長: 約20~30mm
  • 成体を見ることができる時期: 6月~8月
  • 冬越し: 卵
  • 田んぼでの愛称: 田んぼの草取り名人

卵が強い

強い卵がその秘密です。アメリカカブトエビは元々は北アメリカの砂漠が故郷だと言われています。いつ水たまりができるかわからない砂漠で生きのびるために、卵がとても強くなったのでしょう。数年間の暑さや寒さや乾燥に耐えられる卵を一匹で1000個以上も産みます。逆の考え方をすると、古生代からこの強い卵で生きのびてこられたので、成虫は進化しなくても良かったのかもしれません。日本の田んぼでも、水があって水温が20度ぐらいという好条件にならないと孵化しません。カブトエビの寿命は短く、産卵を終えると約1ヶ月の短い一生を終えます。つまり、1年のうち11ヶ月を卵で過ごしているわけです。

アメリカカブトエビ

田植えが終わった6月頃になると、卵から孵ったカブトエビが田んぼに元気に登場します。カブトエビはヒレで泥を掻き回して、雑草の芽を引き抜いてくれます。また、水をにごらせて太陽の光を遮り、光合成を邪魔して雑草が育たなくなるようにします。おまけに、泥を掻き回すことで稲の根に酸素を送り、根腐れをも防いでくれます。田んぼでは評判のいい生き物です。この虫をわざわざ田んぼに放して、草取りをさせているところがあるほどです。

カブトエビは40数対の足を絶えず動かして泥を掻き分けたり、這い回ったり、泥に埋まったりして小さな藻類やミジンコを食べています。また、水草やコケ、魚の死骸など、けっこうなんでも食べるようです。1ヶ月という短い一生のうちにも脱皮を繰り返して3cmくらいまで成長します。

カブトエビが所属する背甲目は甲殻類のなかでももっとも原始的な形態と生活法を維持してきた種類で、古生代末期から生き続けてきました。祖先は2億年以上前の三葉虫と言われています。まさに、生きている化石ですね。

カエルの天気予報、どうしたら教えてもらえるの?

カメは1万年も生きられるの?