姿を見せず田んぼを守る、君はいったい誰なんだ?

バチルス・チューリンギエンシス菌
バチルス・チューリンギエンシス菌
  • 科目: 菌類
  • 体長: 約0.5ミクロン
  • 成体を見ることができる時期: 一年中 (ただし電子顕微鏡が必要です。)
  • 冬越し: 成体
  • 田んぼでの愛称: 田んぼのガードマン

私は土壌微生物です

その正体は目には見えない土壌微生物です。田んぼの土のなかには、一握りの土に10億とか100億の微生物がいて、その活動のエネルギーが土の温度を高めて冷害から田んぼを守ります。また、水質を浄化したり、有機物を分解して稲が吸収しやすい養分に変えたり、田んぼではさまざまな土壌微生物が活躍しています。

バチルス・チューリンギエンシス菌

例えば、植物に被害をもたらす酸性雨は一般に窒素酸化物や硫黄酸化物を含んでいます。田んぼに酸性雨が降ると、脱窒菌 (ダッチツキン) はこの窒素を窒素ガスに変化させて空気中に放出します。水を浄化しているわけです。脱窒菌は田んぼの水質浄化機能の主役ともいえる土壌微生物です。

微生物の生活の目的は自らの細胞を維持・成長させて子孫を増やすことです。微生物には窒素を取り込む種類と、有機物を分解して窒素を放出する種類がいます。藁をすき込む量が多すぎると、微生物が窒素を取り込みすぎて肥料効果がマイナスになることもあります。バランスが大切なのです。

田んぼにはその他にも根粒菌、空中窒素固定菌、リン溶解菌などさまざまな微生物が住んでいます。また、害虫を殺すバチルス・チューリンギエンシス菌などの実用化も進められています。

モンシロチョウの羽はオスとメスで色が違うってほんと?