カエルの天気予報、どうしたら教えてもらえるの?

ニホンアマガエル
ニホンアマガエル
  • 科目: カエル目アマガエル科
  • 体長: 約22~45mm
  • 成体を見ることができる時期: 4月~9月
  • 冬越し: 成体 (冬眠)
  • 漢字: 雨蛙
  • 田んぼでの愛称: 田んぼの天気予報官

歌声を聞こう

アマガエルはオタマジャクシのときは田んぼなどで成長しますが、成体になると木の枝や葉っぱの上で暮らします。

腹面の皮膚に細かい孔が多数あり、ここから吸水して皮膚を湿らせ、皮膚呼吸を助けるようです。そのせいでしょうか、天気にはとても敏感で、夕立 (英語でシャワー) が近づくと喉の大きな袋でキャッキャッキャッと鳴きます。これは、シャワーコールと呼ばれています。

雨を教えてくれるので雨蛙と呼ばれたようです。日本では昔から雨乞いのときにカエルによく似た蛙石を供えたりしました。

カエル

カエルは害虫を食べるので田んぼでは歓迎されています。もちろん、ウンカも食べます。一方、カエルはエサとして大変な人気者でウナギ、ヘビ、鳥、ときには大きなクモやタガメという昆虫にまで食べられます。

田んぼに水が入ると、一斉にカエルが歌い始めます。さまざまな声が混じると、オーケストラのようです。カエルが鳴くのはオスがメスを呼んだり、縄張りを宣言するためです。アマガエルのシャワーコールは特別なケースです。

4月~7月頃に田んぼやため池の流れがない水辺で産卵します。産卵は1~2カ月程度続き、およそ20~30個ずつ、合計約500個ぐらい産卵します。

アマガエルは変色の名人でもあります。アマガエルには青、黒、黄色の3種類の色素があり、これを組み合わせて体の色を変化させます。緑色になるには,黄色と青色を混ぜるわけです。アマガエルは皮膚に少し毒があるので注意してください。触った手で絶対に目をこすらないようにましょう。

アメンボはどうして水の上を歩けるの?

カブトエビはなぜ2億年も同じ姿なの?