田んぼで出会える生き物たち

田んぼには四季を通してさまざまな生き物が訪れます。
春、水を入れる前の田んぼはレンゲやタンポポに彩られ、蜜がめあてのチョウやミツバチがやってきます。 水が入るといつの間にかアメンボがすいすい。水の中にはメダカやドジョウ、それからタガメやゲンゴロウのような昆虫たち。
オタマジャクシはカエルになったよと合唱し、背後の暗闇からはヘビがにょろりと近づいてくる。
梅雨になると害虫ウンカがはるばるとアジア大陸から飛んできます。迎え撃つのは我らがクモやスズメたち。
夏の夜にはホタルが乱舞し、稲穂の垂れる頃には赤トンボが山から戻ってきます。

米作りを手伝っている益虫、邪魔をする害虫。でもこれは人間から見た勝手なお話。そう、生き物たちはそれぞれが、子孫を残そうと懸命に生きているのです。田んぼはいのちに満ちており、食べたり食べられたりの食物連鎖をつくり、生態系を形成しています。私たち人間もまたその一部だと言えるでしょう。

日本では、このような風景を見ることができる場所も少なくなりました。

ここでは田んぼの生き物たちをもう少し知るきっかけとして、ちょっと不思議な行動を紹介しています。

監修:日高敏隆先生 (動物行動学)
  • データや表現はあくまでも平均的・一般的なものであり、地域等の条件により異なる場合があります。ご了承ください。
  • 本文中の表現やデータ、写真については種類(科)が異なるもの、あるいは目共通のエピソードが混在している場合があります。ご了承ください。
  • 生き物についての質問にはお答えできませんので、ご了承ください。
  • 著作権保護のため、生き物の写真の複製・転載を禁止します。

 

田んぼのギャング