田んぼのアメニティ機能

山紫水明の風景、音、芳香、風、肌触り。五感に心地よい機能。
それは田んぼだけが持つやすらぎの機能です。

さわやかないい空気

  • 田んぼ風景
  • 田んぼと子ども

稲が大気中の二酸化炭素を取り込み、新鮮な酸素を供給しています。

夏。田んぼの水をわたる風は水の蒸発、稲の蒸散の相乗効果でひんやりとして、目にも肌にも涼しい、さわやかな風となっています。

生物を育む

  • 生物を育む1
  • 生物を育む2
  • 生物を育む3
  • 生物を育む4
  • 生物を育む5
  • 生物を育む6
  • 生物を育む7

農村地域ではさまざまな生物に出会えます。冬の田んぼ、水が溜まった田んぼ、稲が立っている田んぼ。田んぼの変化に合わせて、出会う生物も変化します。生物は田んぼの作業に合わせて、うまく生活しているようです。

美しい田園景観

美しい田園景観

水田や草花、野鳥、チョウ。季節ごとに色合いを変える心のふるさとといえる、原風景があります。

サウンドスケープ

サウンドスケープ1

稲穂の揺れる音、小川のせせらぎ、林を抜ける風が枝葉を震わせる音、季節の虫たちや小鳥のさえずり、そしてそれらが奏でるハーモニーがあります。

代かきのあと田んぼに水がはられると、かえるが合唱をはじめます。かえるはときどき、一斉に黙ります。合唱が出し抜けに静まります。あれはやっぱり、指揮者がいるんでしょうか (?)

田んぼには、何よりものサウンドスケープ、そう静けさがあります。

  • サウンドスケープ2
  • サウンドスケープ3